代表取締役社長 池上 一夫

「住まいと暮らしの創造企業グループ」への飛躍を目指してまいります

日頃は当社グループに格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

当社は「都市と人間の最適な生活環境を創造し、社会に貢献する。」を企業理念に、グループ全体でマンションを中心とした様々な事業を行っております。新築マンションにおいては、昭和43年に自社施工の第一号を着工して以来、おかげさまで施工累計は66万戸を超えております。この数は日本の分譲マンションストックのおよそ1割に相当するものであり、マンションというひとつの居住形態を広く普及させ、業界に先駆けた技術開発で今日のマンションのスタンダードを築いてまいりました。

現在、我が国においては、少子・高齢化や人口減少、都市のコンパクト化、建築物の老朽化、自然災害の激甚化、脱炭素など社会・環境課題への対応が重要なテーマとなっており、事業を取り巻く環境は大きく変化しています。そのため長谷工グループでは、社会情勢の変化を見据えた成長戦略に取り組んでおり、先期に「長谷工グループ長期ビジョン ~2030年3月期に目指す姿~」を策定し、その実現に向けた5年間の中期経営計画「HASEKO Next Stage Plan(略称:NS計画)」をスタートいたしました。主力の分譲マンション建設においては事業エリアを拡大、超高層や再開発にも注力し、賃貸、社宅、学生寮、戸建など住宅系の幅を広げるとともに、ホテル、オフィス、物流施設など非住宅系の強化を図っております。また、デベロッパー事業を地方都市においても積極展開しており、管理やリフォームなどサービス関連事業の拡大につなげてまいります。

加えて、新型コロナウイルス感染拡大によって、住まい方や住まいに対するニーズが大きく変化・多様化しており、マンションのハード・ソフトにも様々な創意工夫が求められております。BIM&LIMなど独自のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進によって、商品・サービスの競争力強化や生産性向上に革新的に取り組み、新たな事業モデルの創出を目指してまいります。また、脱炭素社会に向けた取組みとして、環境負荷を低減する施工技術の開発・導入や、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)をはじめとする省エネルギー化の提案など、積極的に気候変動対策に取り組んでまいります。これら施策の推進によって、我々の社会を取り巻く課題を解決することで、「社会価値の創造」と「長谷工グループの成長」を両立させるCSR経営の確立を目指してまいります。

これからもステークホルダーの皆様に深く感謝いたしますとともに、グループ各社の連携をさらに高め、総合力を発揮することで、マンションに住まう方々の人生全体をサポートする「住まいと暮らしの創造企業グループ」としてさらなる飛躍を目指してまいります。今後とも引き続き、より一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2021年4月
株式会社 長谷工コーポレーション
代表取締役社長 池上 一夫

Get ADOBE® READER®
PDFファイルをご覧いただくためには、
Adobe Readerが必要です。