住んでいたい空間
多様なライフスタイル

子どもからシニアまで、ひとり一人のライフスタイルやライフステージに合わせて変わる、多様なニーズに応える住まいを提供していきます。

集合住宅に関わるICTの活用とオープンイノベーションへの取り組みを本格化

長谷工グループでは、安全・安心、快適な住まいと暮らしの実現に向け、設計・施工における住まい情報と、マンションに組み込まれたセンサーから得られる情報をはじめとした暮らし情報を独自のクラウド上に集約した情報プラットフォーム「HASEKO BIM&LIM Cloud」を構築しています。今後も各種メーカーやベンチャー企業、大学や研究機関と幅広く連携を図りオープンイノベーションを進めるとともに、ハード・ソフト両面の情報を活用する“ICTマンション”の開発を目指していきます。

cloud連携図
「BIM & LIM Cloud」概念図

オープンイノベーションによる「ICTマンション」第1号物件「Feel I Residence」

長谷工グループ初のICTマンションとなる、長谷工不動産保有の学生向け賃貸マンション「Feel I Residence」(総戸数72戸)が2020年3月に竣工しました。同マンションには、先進的なICTやシステムを本格導入し、これらから得られる様々なデジタルデータを“暮らし情報”として、情報プラットフォーム(「BIM&LIM Cloud」)に集積・分析することで、セキュリティ、情報サービス、見守り、防災、保守、修繕といった、マンションの日々の暮らしから建物の長寿命化までの活用を目指します。

「Feel I Residence」外観
「Feel I Residence」外観
顔認証を導入したエントランス

お客さまの声を活かした商品の開発「U’s+(ユーズプラス)」

「U’s+(ユーズプラス)」は、長谷工グループでマンションを販売する長谷工アーベストと長谷工コーポレーションとの共同開発で生まれたオリジナル仕様です。お客様の多様なニーズに耳を傾けてきた長谷工アーベストの女性スタッフが中心となって、住まい手視点の「あったらいいな」をカタチにしました。
これまで「U’s style(ユーズスタイル)」として様々なアイテムを提供してきましたが、昨今のマンションの販売価格高騰による住戸面積の縮小など変化する社会環境に合わせて当初のコンセプトを更に深化させ、お客様のニーズに応える商品として「U’s+(ユーズプラス)」を新たに開発・改良しました。「心地良く、美しく住まう」にこだわったアイテムをお客様に提供することで多様なライフスタイルに応え、住まいの快適性を高めていきます。

U’s+(ユーズプラス)オリジナル商品一覧

玄関:シューズギャラリー、マルチシューズボックス
洗面室:ドレッサーⅢ、スタイリングドレッサー
収納他:フィットストレージ、マイスタイルクローク、スリムハンガーラック、スマートランドリー、シャットスルードア

アイテムの一例をご紹介します。

オリジナル薄型下足入れ「シューズギャラリー」

・快適性
下足入れの奥行きを薄くすることで下足入れ側の居室空間を改善
・デザイン性
お客様からのニーズの高い「飾り棚」と、建具と調和するデザインで玄関にグレード感を演出
・機能性
一目でわかるディスプレイ収納を採用するとともに小物類や傘収納にも対応し、従来品と同等の収納量を確保

※U’s style(ユーズスタイル)とは
U's style(ユーズスタイル)の“U”はお客さまであるユーザー(User)の“U”、長谷工アーベストの(Urbest)の“U”で、まさにお客さまとのコラボレーションから生まれた提案であることを表しています。

IoTを活用した「戸別宅配BOX」を開発

長谷工コーポレーションは、シブタニ・アイホンと共同で、「戸別宅配BOX」を開発しました。エントランスと戸別宅配BOXをスマホと連動させることで利便性向上と安全面強化を実現。「ルネ横浜戸塚」(総戸数439戸)に全戸導入します。社会問題となっている再配達の減少にもつながり、運搬時のCO2排出量の削減に寄与します。

「戸別宅配BOX」

長谷工グループ初の民泊事業「TOKYO KAMATA 4316」

長谷工ライブネットは2020年3月、大田区蒲田に一棟まるごと民泊マンションをオープンしました。長谷工グループとして初の民泊事業で、大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)認定事業です。賃貸マンション管理で培ってきたノウハウを活かし、5タイプのバリエーションの部屋を設け、宿泊する方が快適に楽しく過ごしていただけるように工夫しました。通常の賃貸マンションとしても転用可能な性能を有しており、需要変動リスクにも対応できます。

外観
ホテルライクタイプ
エレガントモダンタイプ

住まいと暮らしの相談ごとを解決する「長谷工生活相談カウンター」

兵庫県宝塚市の「ラ・ビスタ宝塚」は、1970年代から2008年にかけて長谷工グループが開発した約45万㎡・全15棟のニュータウンです。
長谷工コミュニティは竣工当初から管理受託しており(1 棟を除く)、居住者が便利で快適なマンションライフを過ごすためのサポートとして「長谷工生活相談カウンター」を設置しています。
同カウンターでは、マンションのインテリアや各種リフォーム、改修、不動産流通(仲介)、介護など、住まいと暮らしのお困りごとやお悩みごとの解決を図ります。

長谷工生活相談カウンター
長谷工生活相談カウンター窓口