里芋の下ごしらえの画像

里芋の下ごしらえ

簡単にできる里芋の下ごしらえの方法をご紹介します。

  里芋の下ごしらえ

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。
第66回は「里芋の下ごしらえ」です。失敗しない手順から、応用レシピまで詳しくご紹介します。


今日は里芋をいっぱい買ってきちゃった!

おっ、旬だもんね~!やっぱり煮物にするの?

そのつもりなんだけど…
里芋って皮がむきづらいし、ぬめりがあるから
下ごしらえがちょっと大変なのよねえ

なになに~?ミエは里芋の皮をツルっとむく方法を知らないのか?

え!?そんな方法があるの?
フラッキー、教えて~!

ふっふっふ、俺についてきな!
あっという間に里芋の下ごしらえができるようにしてやるぜ!

フラッキー、頼もしいー!
よろしくね!

How to

里芋の下ごしらえ

秋から冬が旬の食材、里芋。ホクホクしていて美味しい里芋ですが、皮がむきづらかったり、切るときに手が滑りやすかったりと、下ごしらえが面倒なイメージがありますよね。でも、ある方法で意外と簡単にできるんですよ。
今回は、生のまま包丁で皮むきする方法と、電子レンジで加熱してから皮むきする方法、下ゆでしてから皮むきする方法に分けてご紹介します。

里芋の洗い方

フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」里芋の洗い方は、どの皮むきの方法でも共通です。まず里芋を水洗いして、表面に付いた泥を落とします。しつこい泥は、たわしなどでこすって落としましょう。
里芋の洗い方は、どの皮むきの方法でも共通です。
まず里芋を水洗いして、表面に付いた泥を落とします。
しつこい泥は、たわしなどでこすって落としましょう。
フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」ぬめりが出るのを防ぐため、ふきんやキッチンペーパーなどで里芋の水分を拭き取ります。
ぬめりが出るのを防ぐため、ふきんやキッチンペーパーなどで里芋の水分を拭き取ります。

包丁で皮むきする方法

フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」里芋の上部と下部を切り落とします。
里芋の上部と下部を切り落とします。
フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」包丁を上から下へ向かって入れ、縦方向に皮をむきます。
包丁を上から下へ向かって入れ、縦方向に皮をむきます。
フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」皮が残っているほかの面も、同様にむいてください。
皮が残っているほかの面も、同様にむいてください。

レンジで加熱してから皮むきする方法

フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」里芋をラップに包み、600wの電子レンジで約5分加熱します。※里芋3個を加熱する場合の目安時間
里芋をラップに包み、600wの電子レンジで約5分加熱します。
※里芋3個を加熱する場合の目安時間
フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」火傷を防ぐために、キッチンペーパーなどに包んだ状態で、上から下へ繊維に沿って皮をむいていきます。
火傷を防ぐために、キッチンペーパーなどに包んだ状態で、上から下へ繊維に沿って皮をむいていきます。

フラッキーのチェック
冷めないうちに皮をむくと上手にむける

里芋は冷めると皮がむきづらくなるから、完全に冷める前に皮をむくのがコツ!
その分、火傷には要注意!必ずキッチンペーパーなどに包んだ状態で手に取るようにしよう。できるだけ手早く行なうように!

皮ごと下ゆでしてから皮むきする方法

里芋が浸かるくらいの量の水を鍋に入れます。
そこに洗った里芋を皮ごと入れて、水からゆでてください。

中火で約10~15分加熱します。
竹串が刺さるくらいやわらかくなったら、ざるにあげましょう。

手で触れることができる程度に冷めたら、両端を薄く切り落とします。
上から下に向けて、繊維に沿って手で皮をむいていきましょう。

里芋のぬめりを取る方法

里芋のぬめりは、煮汁の吹きこぼれや粘り気の原因になります。美味しい里芋料理を作るには、事前にぬめりを取っておくことがおすすめです。

塩もみする

皮をむいた里芋をボウルに入れて、塩をまぶします。塩を里芋にまんべんなく、こすり付けるように塩もみすると、ぬめりが取れますよ。

お酢を入れて下ゆでする

お酢を入れた水で下ゆでをすると、ぬめりが取れます。水1リットルに対してお酢大さじ1を加えてゆでた後、水にさらしてお酢を落としましょう。

煮崩れを防ぐ“六方むき”のやり方

里芋をはじめ、球形の食材の側面が6面になるように切る“六方むき”。六方むきに切ると煮崩れしにくくなり、煮物がとてもきれいに仕上がります。お正月に食べるお煮しめなど、おもてなし料理にもおすすめです!

  1. 里芋の上部と下部を平行になるように切り落としてください。
  2. 上から下に向かって、側面の皮をむきながら切っていきます。
  3. 側面が全部で6面になるようにむいていきます。1面むいたら、真裏(反対)の側面をむくという順番で進めましょう。各面の大きさのバランスがよくなりますよ。

里芋の保存方法

電子レンジでの加熱や下ゆでをして、皮むきした後の里芋の保存方法についてお伝えします。

冷蔵保存の場合

水を入れたボウルや保存容器に漬けて保存します。ラップなどで蓋をして、そのまま冷蔵庫に入れましょう。
保存期間の目安は、約2~3日です。

フラッキーのチェック

水を入れて保存するのは、里芋の変色を防ぐためなんだ。毎日水を取り変えて保存すると、より長持ちするぜ!とはいえ、できるだけ早めに調理するようにな!

冷凍保存の場合

フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」保存する場合は、ペーパーでよく水気を拭き取ってからファスナー付き保存袋に入れて、冷凍庫に入れます。
保存する場合は、ペーパーでよく水気を拭き取ってからファスナー付き保存袋に入れて、冷凍庫に入れます。
フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」ペースト状で保存する場合は、手で押し潰して、平らにしてから冷凍庫に入れましょう。保存期間の目安は、約1ヵ月です。
ペースト状で保存する場合は、手で押し潰して、平らにしてから冷凍庫に入れましょう。
保存期間の目安は、約1ヵ月です。

里芋を使った人気レシピ

寒い季節の旬の食材、里芋を使った人気のレシピをご紹介しましょう。

里芋と大根の煮込み

フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」里芋と大根の煮込み|鍋に昆布つゆ、酒、みりん、砂糖、顆粒だしを入れて、加熱します。沸騰したら大根、里芋の順に鍋に入れて、やわらかくなるまで煮込んだら完成です。
鍋に昆布つゆ、酒、みりん、砂糖、顆粒だしを入れて、加熱します。沸騰したら大根、里芋の順に鍋に入れて、やわらかくなるまで煮込んだら完成です。

里芋の味噌汁

フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」里芋の味噌汁|里芋を5mmほどの厚さに切り、ねぎや大根など、好みの具材とともに味噌汁に入れましょう。豚汁にする場合は、豚肉、里芋のほかに大根やごぼう、にんじん、糸こんにゃくを入れるのがおすすめです。けんちん汁にする場合は、木綿豆腐、里芋、大根、にんじん、ごぼう、しいたけ、こんにゃく、小松菜、油揚げなどをごま油で炒め、だしを加えて煮込みます。最後に味噌、または醤油で味を調えてください。
里芋を5mmほどの厚さに切り、ねぎや大根など、好みの具材とともに味噌汁に入れましょう。豚汁にする場合は、豚肉、里芋のほかに大根やごぼう、にんじん、糸こんにゃくを入れるのがおすすめです。
けんちん汁にする場合は、木綿豆腐、里芋、大根、にんじん、ごぼう、しいたけ、こんにゃく、小松菜、油揚げなどをごま油で炒め、だしを加えて煮込みます。最後に味噌、または醤油で味を調えてください。

里芋の田楽

フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」里芋の田楽|里芋をレンジで温め、やわらかくしておきます。次に、味噌だれを作ります。赤味噌、すりごま、酒、みりん、砂糖を鍋に入れて温めましょう。そこにミルなどで細かくしたくるみを入れて、たれとよく混ぜ合わせます。串に刺した里芋に、味噌だれをたっぷりかければできあがり!
里芋をレンジで温め、やわらかくしておきます。
次に、味噌だれを作ります。赤味噌、すりごま、酒、みりん、砂糖を鍋に入れて温めましょう。そこにミルなどで細かくしたくるみを入れて、たれとよく混ぜ合わせます。
串に刺した里芋に、味噌だれをたっぷりかければできあがり!

里芋のシチュー

フラッキーのHow To「里芋の下ごしらえ」里芋のシチュー|いつものシチューに入れるじゃがいもを、里芋に変えるのはいかがでしょうか?
玉ねぎをバターで炒め、鶏肉を加えます。肉の色が変わったら、にんじん、里芋を加えてさらに炒めます。牛乳、水を加えて弱火で煮込み、最後に市販のシチューのルウを加えてひと煮立ちさせます。とろみが付いたら、塩こしょうで味を調えましょう。
いつものシチューに入れるじゃがいもを、里芋に変えるのはいかがでしょうか? 玉ねぎをバターで炒め、鶏肉を加えます。肉の色が変わったら、にんじん、里芋を加えてさらに炒めます。牛乳、水を加えて弱火で煮込み、最後に市販のシチューのルウを加えてひと煮立ちさせます。とろみが付いたら、塩こしょうで味を調えましょう。

里芋の下ごしらえがこんなに簡単にできるなんて…!
さすが、フラッキー!!

これでいろんな里芋料理にチャレンジできるな!

よし。お正月は、里芋をたっぷり入れたお煮しめを作ってみようかな?

やったー!楽しみだな~♪

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。