大切にしたい風景
環境会計

環境保全活動を定量的に把握し、効率的に推進していくために2004年度より環境会計を導入しています。

基本的事項

集計範囲

株式会社長谷工コーポレーションの活動

  1. 完成工事122作業所(新築:105、解体:17)
  2. オフィス(東京地区:芝本社ビル・横浜支店、長谷工テクニカルセンター、関西地区:大阪平野町ビル、名古屋支店・京都支店)

対象期間

2019年4月1日〜2020年3月31日

集計方法

「環境会計ガイドライン2005年版」(環境省)、「建設業における環境会計ガイドライン2002年版」(日建連)を参考に、以下の項目について集計しました。

  1. 事業エリア内コスト
    1. 公害防止コスト:大気汚染、水質汚濁、騒音・振動防止対策等の費用を集計しました。
    2. 地球環境保全コスト:温暖化防止、省エネ、オゾン層破壊防止対策等の費用を集計しました。
    3. 資源循環コスト:廃棄物の分別・リサイクル、適正処理等の費用を集計しました。
  2. 上・下流コスト
    環境配慮設計提案に要した人件費を集計しました。
  3. 管理活動コスト
    環境保全管理活動費及びISO14001:2015運用・維持費を集計しました。
  4. 研究開発コスト
    環境保全に関連する研究・技術開発費を集計しました。
  5. 社会活動コスト
    環境関連団体・地域への寄付、支援等の費用を集計しました。
  6. 環境損傷コスト
    周辺環境補修費及びマニフェスト伝票購入費(基金分)を集計しました。

環境保全コスト

分類 主な活動内容 費用額(百万円)
2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
事業エリア内コスト   3,424 4,191 4,006 5,216 5,958
①公害防止コスト 作業所での公害防止対策費 309.4 392.8 559.2 519.9 598.6
②地球環境保全コスト アイドリングストップ活動費、
フロンガス適正処理費
8.3 13.4 21.2 13.5 10.2
③資源循環コスト 建設廃棄物の分別・リサイクル、
適正処理費
3,106 3,784.8 3,425.2 4,683 5,349.8
上・下流コスト 環境配慮設計人件費 8.4 10.9 8.8 12.3 11.6
管理活動コスト ISO14001 登録・審査・運用費
ISO14001 活動人件費
環境負荷監視測定費
環境関連教育費
219 413.9 260.8 377.1 288.5
研究開発コスト 環境関連技術の研究・技術開発費 75.5 88.3 94.9 108 204.8
社会活動コスト 環境関連団体・地域への寄付金 0.3 0.4 0.6 0.4 2.5
環境損傷コスト 周辺環境補修費
マニフェスト伝票購入費(基金分)
83 144.5 76.6 110 74.4
環境保全コスト総額 3,810 4,849 4,447 5,824 6,539

環境保全効果

項目 単位 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
事業エリア内
の効果
施工活動 建設廃棄物排出量 千t 416.8 520.2 538.3 565.5 666.9
建設廃棄物再生利用量 千t 404.3 498.7 532.7 538.8 660.6
建設廃棄物最終処分量 千t 12.5 21.5 5.6 26.7 6.3
CO2排出量(新築工事) 千t-CO2 35.3 28.9 34.7 36.6 30.4
CO2原単位(新築工事) t-CO2/億円 11.04 10.43 10.53 10.21 9.87
オフィス
活動
電力使用量 千kWh 6,254 6,222 6,347 6,386 7,053
コピー用紙使用量 万枚 1,998 1,813 1,841 1,778 1,791
CO2排出量 t-CO2 2,145 2,113 2,159 2,165 2,382
一般廃棄物排出量 t 71.1 80.1 57.0 44.3 43.7
上・下流
の効果
グリーン
調達
電炉鋼材(鉄筋) 千t 211 194 203 228 198
高炉セメント生コン 千m3 206 255 176 225 210
再生利用タイル 千m2 440 310 302 356 329
再生石膏ボード 千m2 6,142 4,055 4,566 4,765 4,793
パーティクル材(二重床) 千m2 209 96 189 255 247
スチレン素材(壁下地パッキン) m3 375 326 395 419 366
節水型便器 千台 16 18 16 20 15
屋上・壁面緑化 千m2 4 9 11 11 9
浸透性舗装 千m2 20 21 16 26 23
SUS管(共用部給水配管) t 105 98 84 53 29
Hfインバータ方式照明器具 千台 18 24 39 50 128
長尺塩ビシート 千m2 196 297 280 383 369
押出し発泡ポリスチレン 千m3 4 4 4 4
ノンフロン発泡ウレタン 千m2 389 720
文房具グリーン購入率 % 92.3 93.1 93.8 93.9 93.5

※上・下流の効果、グリーン調達:押出し発泡ポリスチレンは、2016年度、ノンフロン発泡ウレタンは、2018年度より算出しています。

集計の結果

  1. 2019年度に支出した環境保全コストの総額は、6,539百万円でした。2018年度と比較して、715百万円(12.2%)増加しました。
  2. 環境保全コストの91.1%が「事業エリア内コスト」で、そのうちの89.8%を「資源循環コスト」が占めました。資源循環コストは2018年度と比較して666.8百万円(14.2%)増加しました。
  3. 建設廃棄物排出量は、2018年度と比較して101.4千t(17.9%)増加しました。
  4. 施工活動のCO₂排出量(新築工事)は、30.4千t-CO₂でした。2018年度と比較して6.2千t-CO₂(16.9%)減少、原単位での比較では9.87t-CO₂/億円で0.34t-CO₂/億円(3%)減少しました。
  5. オフィス活動によるコピー用紙使用量は、1,791万枚でした。2018年度と比較して13万枚(0.7%)増加しました。
  6. オフィス活動のCO₂排出量は、2,382t-CO₂でした。2018年度と比較して217t-CO₂(10%)増加しました。