住んでいたい空間
住んでいたい空間を支える
技術イノベーション

「住む人が、永く安心して快適に暮らせる住まいづくり」を実現するため、長谷工グループ独自の研究開発体制を築き、
新たな挑戦を続けています。

長谷工グループの研究開発体制

長谷工コーポレーション技術研究所は、「住む人が、永く安心して快適に暮らせる住まいづくり」を目指し、建物の長寿命化や耐震性強化、CO2削減をはじめとする環境問題など常に顧客や社会の新たなニーズに応えるべく、集合住宅に関する様々な性能実験や研究開発にチャレンジしています。

長谷工のものづくりのDNA

私たちは、1960年代後半からマンションづくりに取り組んできました。
50年以上の歴史の中で、さまざまな開発をおこない、日々新しい挑戦を続けています。

その中で、唯ひとつ変わらないもの。
それは、家族の安心、良質な住まいへの、揺るぎない想い。

地道な作業の繰り返し、当たり前のことを原点から見直す発想、そしてアイデアを具現化する技術。
長谷工のものづくりのDNAは、今も変わらず社員ひとり一人に受け継がれています。

研究体制図
研究体制図

建物・設備に関する技術開発

人が感じる心地よさや快適さも、日々の実験や検証の積み重ねによってつくり出すことができると考えます。
長谷工技術研究所では、リアルな住環境について研究するため、実際のマンションを「住宅実験棟」として再現し、研究・開発にあたっています。
住戸内で音がどのように伝わるのか、配管はどのように劣化するのか、さらに太陽光発電など自然エネルギー利用や将来のリフォームに活用するアイデアなど、常に実際の住まいと同じ環境で、暮らしに直結する技術を磨いています。

内外装に於ける住宅性能向上に向けた取り組み

  • 可変性を向上させる内装システムの開発
  • 耐久性と更新性を考慮した外装システムの開発
  • 遮音、断熱、換気等の住宅性能を向上させる技術開発
  • 利便性や快適性を向上させる商品開発
  • 設備配管の更新、更生工法の開発
  • 自然エネルギー利用への取り組み
  • 内外装のリフォーム技術の開発
音体感室での遮音実験状況
音体感室での遮音実験状況

長谷工コーポレーション 技術研究所

暮らしに合わせて動かせる収納ユニット「UGOCLO(ウゴクロ)」

GOOD DESIGN 2017

「UGOCLO(ウゴクロ)」とは、背中合わせに配置した2組の可動収納ユニットを、それぞれ平行に移動させることで、可動収納ユニット両側の居室空間と、その間の収納空間の広さが自由に変更できる、新しい間取り可変システムです。
居住者自身で簡単に居室と収納空間の大きさを変更することができるため、大掛かりなリフォームをしなくても、将来の家族数やライフスタイルの変化に対応したり、家具や収納物に合わせて柔軟に間取りを変化させることができます。

UGOCLO移動の様子
「UGOCLO」を移動している様子
UGOCLOスペース活用

間取りの⾃由度を⾼める排⽔システム「サイホン排水システム」

「サイホン排水システム」は、野村不動産・ブリヂストン・長谷工コーポレーションの共同開発により誕生しました。小口径の排水管を一つ下の階で排水立て管(建物の各階を縦に貫通して下水に通じる排水管)に合流させ、発生するサイホン力(水が落ちることで発生する引く力)を利用して強い水流を起こし排水する仕組みです。この技術をキッチン系統などの排水に採用することで、キッチン配置や入居後の間取り変更の自由度を向上させることができます。

サイホン排水イメージ

「サイホン排水システム」により期待できるメリット

キッチンの配置の自由度向上

  1. 新築時のレイアウトの自由度の向上
  2. ライフスタイルの変化に応じた間取りの変更が可能
  3. リニューアルが容易で建物の資産価値を維持・向上

排水の常識が変わる「サイホン排水システム」のとりくみ

快適性を追求した次世代型マンション「Be-Next」

長谷工コーポレーションでは、常により快適な暮らしのための提案を追求してきました。その中で誕生した「Be-Next」は、これまで培ってきた経験を活かし、構造・設備等の基本性能は確保しつつシンプルな構造躯体を実現。限られた空間を最大限有効活用できるよう、梁型や柱型が室内に出っ張らないよう工夫しています。
また、大きな窓で採光と広い視界を確保しているほか、風通しの良さにも配慮したパッシブデザインを採用しています。