働いていたい場所
人材育成・技術継承

社員一人ひとりが活躍できるよう、人材の育成やキャリア開発など様々な学びの場を提供しています。

人材の育成

グループ教育方針

2020年度は新たな中期経営計画(NS計画)とともに長谷工グループ人事計画を刷新。『自律人材の継続輩出と将来の長谷工を担う多様な人材を育成する』を教育スローガンとし、NS計画達成のための人づくり・組織づくりを進めていきます。
2021年度は、前年の教育スローガンを踏襲しながらも、DXを始めとした最新情報を発信する仕組みやオンライン・映像講義等の新たな研修手法を積極導入し、人材育成を進めていきます。

長谷工コーポレーション教育体系

経営者養成講座、自律人材の育成に加え、長谷工ビジネスカレッジ・キャリア開発等、様々な施策を展開していきます。

長谷工コーポレーション教育体系

長谷工ビジネスカレッジ(自己学習支援)

生涯学習の考え方をベースに、自らの実務遂行能力の向上や将来のキャリアを見据えた知識・スキル習得のため、全社・全社員に自己学習(通信教育)の場を提供しています。「学びが業績成果に直結」する体験を通し、「自ら学び、学びあう風土づくり」を目指しています。

自律人材の育成プログラム

新入社員から10年目までを対象に自律人材の育成プログラムを導入しています。新入社員は、4月の導入研修、7月のインターバル研修、1月のフォローアップ研修を通し、社会人としての意識・スキルを習得します。なお、9年目までを3年ごとの3ステージに分け、「当事者意識」「周囲を巻き込み推進する力」「リーダーシップ・課題解決力」をテーマに研修を実施しています。研修後に目標設定シート(OJTシート)を作成し、1年間を通し対象者と上司がコミュニケーションをとりながら、PDCAを行うことで成長を促します。

経営者養成講座

将来の長谷工グループを担う経営幹部候補に対し、様々な施策を実施しております。それぞれの階層に対し、役割・責務に応じた、マインド・スキルを教育することで、将来の経営幹部候補を計画的に輩出していきます。

キャリア開発

社員一人ひとりがキャリアプランを策定・進捗確認を行う取り組みとして「CAP・10(キャップ・テン)」を実施しています。
10年次、20年次、50歳・60歳到達社員を対象として10年に一度の節目に上司・部下双方の対話を通し、キャリアビジョンの共有を行います。キャリアの方向性とそのための力量を磨いていくための手段を組み立てます。2020年度スタートの異業種合同研修やベンチャー留学を始めとした様々なイノベーション活動を通して、将来の長谷工を担う多様な人材づくりを進めていきます。

職種別実務教育

若手社員の早期戦力化のため、職種ごとに必要な実務知識・スキルを習得するための研修を実施しております。また、若手社員のうちに業務に必須の資格(宅建・一級建築士等)が出来るよう、上司によるOJTにてサポートしています。

技術の継承:次世代育成支援

「第13回⻑⾕⼯住まいのデザインコンペティション」を開催

当社では、建築を志す若手の人材育成を目的に、全国の学生を対象として、「長谷工 住まいのデザインコンペティション」を開催しています。2007年より実施しており、毎回、社会課題や世相を反映したテーマを設定して、学生ならではの豊かな発想による集合住宅のデザイン提案を募集しています。
2019年度は、高齢化や少子化など世代による課題や、インバウンドの増加や出入国管理法の改正による外国人の増加などにより住まいのあり方が変化していることから、「多世代、多国籍で生まれ変わる集合住宅」をテーマとしました。258点(応募人数544名)の応募があり、その中から最優秀賞1点、優秀賞3点を選出し、12月21日に表彰式を行いました。 今回、初の試みとして公開二次審査を実施し、学生と審査委員の双方向のコミュニケーションを行うことで、才能ある学生の人材育成につなげています。住まいへの関心を高めていただくとともに、今後も社会貢献の一環として、開催を継続していきます。

公開二次審査の様子

「夏のリコチャレ2019」の開催

当社では、日本経済団体連合会が内閣府と連携して進める「夏のリコチャレ(理工チャレンジ)」に応援団体として参加しています。その一環として、理工系分野に興味がある女子中高生を対象として、将来の自分をイメージして進路選択することを応援するための職場見学会を実施しています。
2019年7月~8月の4日程で、施工コース【ハセジョとマンション現場見学~1000人の住まいを見に行こう!~】、設計コース【ハセジョとマンション設計体験~理想の住まいをデザインしよう!~】を実施し、東京地区・関西地区で保護者を含め55名が、長谷工の職場体験や現場見学、女性社員との座談会を行いました。

建設コース:現場見学の様子
建設コース:現場見学の様子
設計コース:VR体験の様子
設計コース:VR体験の様子

中高生企業訪問学習の受け入れ

当社では、2009年度より生徒の企業訪問を受け入れ、将来の職業選択について考える機会を設けています。2019年度は、東京地区と関西地区で計3校を受け入れ、社員座談会やワークショップを通して長谷工の事業内容やマンション事業の面白さについて学んでもらいました。

ワークショップの様子

「建築学生ワークショップ出雲2019」に協賛

不二建設は、NPO法人AAF主催「建築学生ワークショップ出雲2019」に協賛しています。本ワークショップは、建築や環境デザイン等の分野を専攻する学生が、国内外で活躍中の建築家を中心とした講師陣の指導のもと、島根県出雲市で“その場所における場所性に根づいた実作品をつくりあげること”を目的としており、アドバイザーとして不二建設の設計職若手社員1名が参加しました。学生たちは古代からの歴史文脈に基づいた小さな建築空間を創出するため、2019年6月から現地調査や制作合宿などの準備を重ね、9月1日の公開プレゼンテーションでは8作品の発表が行われました。

制作の様子
制作の様子