大切にしたい風景
環境活動に対する社会からの評価

外部からの表彰

「エアコン付ヒートポンプ床暖房」が環境大臣表彰・省エネ大賞をW受賞

コロナ・当社で共同企画した「エアコン付ヒートポンプ床暖房」が、「令和元年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」(技術開発・製品化部門)、2019年省エネ大賞「資源エネルギー庁長官賞」をW受賞しました。
これまで省エネルギー性能の高い技術としてヒートポンプは注目されてきましたが、集合住宅においては室外ユニットの設置条件等により、普及がそれほど進んできませんでした。
そこで、ZEH対応と省スペース化を実現する商品化に取り組み、1台のヒートポンプ室外機によりエアコンと温水床暖房を連動制御し、エアコンの速暖性と床暖房の快適性を両立した本製品を開発しました。高い環境性と省エネ性を有しており、集合住宅におけるZEHの普及にもつなげていきます。

表彰式の様子

「第2回ABINC賞」特別賞受賞

ABINC

一般社団法人いきもの共生事業推進協議会(ABINC)が主催する「第2回ABINC賞」において、当社が事業主として参画し、設計・施工を担当した「プレミスト湘南辻堂」(建築主:大和ハウス工業、神奈川中央交通、長谷工コーポレーション)が特別賞を受賞しました。「ABINC賞」は、ABINC認証を取得した施設の中で、特に優れた取り組みを行う施設を表彰するものです。
本物件は、生物多様性に貢献する緑地面積を約9,700㎡確保しており、周辺の自然環境や土地の成り立ちに関する調査を踏まえ、コアとなる緑地では植栽樹木や草本の半数以上を在来種で構成するなど、地域の生態系に配慮した緑地計画としました。
この広大な緑地に、樹林地をはじめ、屋上緑化や家庭菜園、流水・止水を有するビオトープ池などの多様な環境を複合的に配置するとともに、生息が期待される動物種に応じて生息環境や産卵環境を配置するなど、周辺環境との調和および生物多様性の維持に取り組みました。あわせて、ご入居者向けの自然観察イベントやモニタリングへの参加など環境学習プログラムを計画しました。

プレミスト湘南辻堂

「令和元年度近畿建設リサイクル表彰」会長賞受賞

「(仮称)彦根駅東口計画新築工事(デュオヒルズ彦根)」が、長谷工グループ初めてとなる「近畿建設リサイクル表彰会長賞」を受賞しました。同新築工事では、建設廃棄物の「リサイクル率80%以上」を目標に掲げ、3R活動を推進してきました。工事着工当初より、各廃棄物の分別スペースとして「リサイクルヤード」を設置。工事の進捗に合わせて移動しながら竣工まで分別スペースを確保し、職長会を主体として全職方と当社所員との連携を図るなど、17品目の廃棄物の分別管理を徹底しました。作業所一丸となり3R活動の推進に取り組んだ結果、混合廃棄物原単位0.56㎏/㎡、リサイクル率98.3%を達成しました。

リサイクルヤードの設置状況

そのほかにも、当社グループ設計・施工物件で、以下の賞を受賞しました。

「第2回ABI NC賞」優秀賞
「令和元年度近畿建設リサイクル表彰」発生抑制・搬出抑制部門 奨励賞
第11回「彩の国みどりの優秀プラン賞」優秀プラン賞
令和元年度「おおさか環境にやさしい建築賞」住宅部門賞
第13回「おおさか優良緑化賞」大阪府知事賞・奨励賞